会員ID
パスワード
会員登録はこちら
ご利用規約
SUSHI SAKE
WAGYU SAKE
大吟醸酒
吟醸酒
純米酒
本醸造
普通酒
普通酒(レギュラー)
普通酒(その他)
焼酎
本格焼酎
長期貯蔵
みりん
純米みりん(無添加)
本みりん
果実酒・甘味果実酒
リキュール
スピリッツ
ビール
雑酒
その他

オーガニック酒粕化粧品
シークレットパスワード
この商品のカテゴリ : 神鶴 > 吟醸酒
商品名 尾張津島天王祭 朝祭ラベル 吟醸酒 1.8L
詳細1 木曽川の伏流水を汲み、酒の仕込みに最も適した厳冬期に低温発酵させ、じっくりと時間をかけて醸造したお酒です。
詳細2 ◎天王まつりの由来
(7月第4土曜日(宵祭)と翌日の日曜日(朝祭))
天王まつりは津島神社の祭礼として500年以上も続いています。その起源としては南北朝時代に津島に逃れて来た良王親王(後醍醐天皇の曽孫 南朝方の親王)を守る津島武士が、北朝方の武士を船遊びに誘い討取ったことに由る行事とか、津島神社の「神葭流し」の神事をもとにしたものとか言われていますが明らかではありません。永禄3年(1560年)桶狭間の戦いの2年前、夫人同伴の織田信長が現在の御旅所附近にかけられていた天王橋から朝まつりを見物しています。
(昭和55年1月、国の重要無形民俗文化財に指定)

◎朝まつり
明けて次の朝は、がらりと飾付けも一変した津島五艘の祭船に旧市江村の市江車先頭に計6艘の車楽船(だんじりぶね)がでます。車楽船は屋台の上に能人形を飾り、古楽を奏しながら、ゆうゆうと漕ぎ進むありさまは、王朝絵巻を見るような豪華さです。先頭の市江車から10人の鉾持が布鉾を持って水中に飛び込み、お旅所へ泳ぎ着き神輿に拝礼し、神社の拝殿前に布鉾を奉納します。
備考 原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

アルコール度数:15度以上16度未満

精米歩合:60%

1.8L
価格       2,160円(税込)
数量